すねの脱毛

すね毛には、思春期のころからかなり悩まされてきました。
特に、寒い時期は、ズボンやタイツに隠れてしまうから・・・と、つい手入れをサボり、
ふと気が付くと、まるで男性の足!?というような、立派なすね毛が生えそろっている有様で・・・。

でも、サロンでひざ下の脱毛をすると、面積が広い分、値段も高く、数万円から数十万円することも!
あきらめかけていましたが・・・。

あるとき、レーザー脱毛器を3万円ほどで購入してみました。
正直半信半疑だったのですが、続けて使用してみたところ、かなり薄くなってきました!
完全につるつるではありませんが、太くてみっちり生えていた毛が、
多少放っておいても、うっすら生える程度にまで減りました。
今現在その機械は売られていませんが、市販のレーザー脱毛器も、きちんと気長にお手入れすれば
必ず少しづつでも効果が出ると思います。

まずはオークションで中古の脱毛器を買って試してみて、
もっとがんばる!と思ったら新品を買う、なんてのもありですね。
でも、やっぱりサロンでやってもらうのが一番ですけどね。

VIOラインの脱毛をしてみて。

今までのVIラインはカミソリや髭剃りでの毛の処理をしていたのですが、毛が太くなっているように感じたことと、刺激の弱い箇所になるので色素沈着で肌が黒ずんでしまってきていたので、レーザー脱毛をしているエステに行くことになりました。

技術力のあるサロンを選ぶ基準として、口コミを参考にしてみるのもお勧めです。さらにVラインの脱毛を行った後はIライン、Oラインの脱毛に挑戦してみてもよいかもしれません。Vラインは、デリケートゾーンの表面に当たる部分を脱毛してきますが、Iラインはより陰部に近い部分を、Oラインでは肛門の近くの毛を処理していくことになります。初めてデリケートゾーンの脱毛を行う時にはVラインだけを脱毛される方も多いのですが、より綺麗な仕上がりを手に入れたいと思った時には、IラインやOラインもセットになっているプランを選択するとよいでしょう。エステサロンではVライン、Iライン、Oラインをセットとして扱っているプランを用意しているところもありますし、何より一度に必要な部分の脱毛を行ってしまえば、効率的に脱毛を終えられます。
引用:Vラインの脱毛とは?/VIO脱毛でとことん女子力磨き!

   
エステにてVラインの脱毛をする時に、エステ側からの提案でIOラインの脱毛セットがお得になるということで、VIOラインの脱毛をすることになりました。最初はVIOラインの脱毛への抵抗はなかったのですが、実際にエステを施術されてみると紙パンツにあて布(ガーゼ)は、とても不安が生じるものでした。女性スタッフが対応してくれているとはいえ、少し恥ずかしいです。そして、IOラインはVラインに比べると皮膚が薄いせいもあり、痛みが強くありました。
なので、脇のニードル脱毛を経験したことのある私でも痛さに我慢できずにIOラインの脱毛は途中でやめてしまいました。金額的には、そんなに高くなく途中で断念しても諦めのつく価格でした。

自己処理脱毛の後のお肌のケア

脱毛の自己処理をする時の悩みと言えば肌荒れ。私は脱毛をすると必ずと言っていいほど肌荒れを起こすから、しっかりとケアしなければいけません。脱毛サロンなら肌荒れしないようなケアをしてくれますが、自己処理だと全て自分の責任となります。ケアしたつもりでも肌が真っ赤になってしまったり、うまく脱毛できなくて毛穴がダメージを受けてしまったり、問題はいくつでもあります。せめて保湿だけでもやるべきだと思いました。

脱毛をすると肌荒れを起こすのは当たり前。特に私のような敏感肌の体質の場合、脱毛で少しでも痛みを感じただけで肌が荒れてしまいます。ケアも重要ですが、脱毛の仕方も考えないといけないと思いました。

自分の肌に合った脱毛の仕方、ケアの仕方を心がけることでハリやつやのある肌になるとわかりました。単なる脱毛だと思って適当に済ませるのではなく、お肌の質を保つための脱毛をするべきだと思いました。

人によってお肌の質は違いますが、脱毛後にケアをすることだけは変わらないのです。

全身脱毛するときの脱毛サロン選びのポイント

全身脱毛するときはお店選びが一番大事です。例えば料金の安さだけで脱毛サロンを選ぶと、後で色々な問題が起きて困ることもあるので注意が必要です。

脱毛サロンを選ぶ際には、まず明確でわかりやすい料金システムのお店にしましょう。最初に提示された料金以外の支払いがないことが大切です。入会料や年会費や追加料金がないか確認しておきましょう。またいつでも退会できてキャンセル料が不要で全額返金して貰えることも必要です。

全身脱毛といってもサロンごとに脱毛できる部位数が違います。特に顔脱毛やVIO脱毛などは高い技術力が必要なので、サロンによっては全身脱毛に含まれないお店もあります。自分が希望する部位がキチンと含まれているサロンを選ぶことが大事です。

全身脱毛は長期間サロンに通う必要があります。なので自宅や会社から通いやすい場所にあるお店を選びましょう。お店の雰囲気やスタッフの接客対応の感じよさも大事です。
快適に全身脱毛するために、自分に最適の脱毛サロンをしっかりと選択することが大切です。

エステに行けないので家で脱毛に挑戦!

私は無駄毛が濃いほうで夏はほぼ毎日処理しなくていけません。そこでエステで脱毛をしようかと考えてみたのですが、私が住んでいるのが田舎で、近くにいいエステサロンがありません。しかも腕や脇ならともかくVIOを人に見られるのはやっぱりはずかしくてなかなか挑戦できずにいました。

そんな時、雑貨屋で買い物中に家庭用の脱毛器トリアを発見しました。私の今までの家庭用脱毛器のイメージは高い・追加費用がかかる・効果はイマイチそう…とあまりよくなかったのですが、このトリアは一回買えば追加費用はかからないとのことでかなり興味がわき、返金保障もあるので思い切って買ってみることにしました。

その日に早速試してみることに。まずは気になる腕・脇とVIOにもしてみました。腕・脇はまぁまぁちくっとする程度の痛みで、よく効く輪ゴムではじくような感じとはこのことか、と少し感心しました。

VIOはなかなかの痛みで顔を歪めながらレーザーを当てていました。でも痛いのはきっと効果があるからと思って頑張りました。

そしてその1週間後…レーザーを当てた毛がスルリと抜け始めました!軽く引っ張るだけで抜けていくので、本当に効果があるんだなと感動しました。

まだ抜けない毛もたくさんありますが、このまま続ければ毛を全滅させられると思います。

エステに比べて費用もかからないし、恥ずかしくないので家庭用脱毛器を選択するのもアリだなと思います。

顔の産毛処理の注意点

顔の産毛の処理をすると肌の表面がツルツルになる、化粧のノリがよくなる、透明感がアップするなどのメリットを得られます。産毛処理は自分で可能です。
しかし、顔の皮膚はデリケートなので、産毛処理には注意が必要です。自己処理をするときは、どういったことに気をつければいいのでしょうか。

生理中はホルモンバランスが崩れて肌が敏感になっています。普段は何でもなく
ても、生理中に脱毛すると皮膚が傷つきやすいです。体調がよいときに行えば肌トラウブの心配が少ないです。

シェービング後の肌には細かい傷がついています。
このままの状態で紫外線を浴びると、紫外線の影響を強く受けて乾燥、シミなどのトラブルにつながります。
シェービング後はできるだけ素早く化粧水とクリームをつけて肌を保護します。

シェービング後の外出を控えて、紫外線に当たらないようにします。

シェービングには古い角質を取り除く効果が期待できます。ピーリングや拭き取り化粧水を使うと、過剰に角質を取り去ってしまうので避けましょう。

男にとっての脱毛という選択

特に剛毛でもありません。毎日の髭剃りが面倒なわけでもありません。私はただただ髭剃りによる青さ(つまるところ毛根の残りなのですが)で、肌が汚く見えるのが嫌なのです。

そうかといって、巷で噂の永久脱毛をする勇気はないのです。
男たるもの、いつかは髭を伸ばしたくなるのではないだろうか、という気持ちを持ち合わせているからです。

未来への選択を迫られている気分になり追い詰められた気分にすらなり、エステやクリニックにはなかなか足を運べないのです。

レーザー脱毛しても一回では綺麗にならない、というネットの評判に、むしろ安心感すら抱いています。

決して、エステやクリニックの敷居が高いだけではないのです。

心の迷いがあるのです。それに加え、高額な値段にも心を惑わされるのです。その結果として、やはり足を運ぶ理由が見当たらなくなってしまうのです。

そうなると、自己解決に走ります。除毛ローションや抑毛ローションを探してみたりもします。しかし、やはり挑戦する勇気が出ないというのが本音です。

日焼けをしているときは脱毛は控える

光脱毛は黒い色素に反応する波長の光を使っています。毛の黒色色素に反応して光の熱エネルギーが吸収され、毛根がダメージを受けて処理されます。

使い方を守れば安全に家庭用脱毛器を使用できますが、気をつけないとやけどの恐れがあります。

通常は光は毛にだけ作用するので安全に使用できます。しかし、日焼けをしていると肌の色にも反応して光を肌が吸収します。脱毛効果が減少するだけでなく、肌が熱を持ってやけどをします。日焼けをしているときは家庭用脱毛器を使ってはいけません。

それほど黒くなくても気をつけた方がよいです。日焼けはやけどと同じ状態です。
うっすらとしか黒くなっていなくても、肌がダメージを受けた状態で弱くなっているので、脱毛をするとダメージが大きくなって肌トラブルを起こす可能性があります。あまり黒くないときでも脱毛を控えた方がよいです。

ホクロにも気をつけてください。ホクロの色素に反応してホクロの部位がやけどします。ホクロを避けたり、光を通さないシールを張って脱毛します。

指に生えている毛を脱毛している人について

わたしの知り合いにはいませんが、指に生えているたった数本の毛を脱毛している人がいると聞いたことがあります。指に生えている何本かの毛が気になって仕方がない人というのはどういう人なのでしょう。宝石とか指輪などの販売員のような仕事についている人しかわたしには考えられません。

または芸能人とかセレブの人たちでしょうか。脱毛することは今は珍しいことではなくなったけれど、指の毛まで脱毛したいとなると常に人に見られる職業なのかなと想像します。

宝石を取り扱っている人は手元を見られる機会が多いから、もしかしたら指の毛が邪魔だと感じることがあるかもしれません。指を見られる職業の人は自分で指の毛を処理するより脱毛してしまう方が楽なんでしょう。

手の指の毛を脱毛するならまだ理由がわかりますが、足の指に生えている毛を脱毛している人もいるようです。夏場にサンダルを履いた時足の指の毛が気になるという理由から脱毛するようですが、いろんな考えをする人がいるのですね。