顔の産毛処理の注意点

顔の産毛の処理をすると肌の表面がツルツルになる、化粧のノリがよくなる、透明感がアップするなどのメリットを得られます。産毛処理は自分で可能です。
しかし、顔の皮膚はデリケートなので、産毛処理には注意が必要です。自己処理をするときは、どういったことに気をつければいいのでしょうか。

生理中はホルモンバランスが崩れて肌が敏感になっています。普段は何でもなく
ても、生理中に脱毛すると皮膚が傷つきやすいです。体調がよいときに行えば肌トラウブの心配が少ないです。

シェービング後の肌には細かい傷がついています。
このままの状態で紫外線を浴びると、紫外線の影響を強く受けて乾燥、シミなどのトラブルにつながります。
シェービング後はできるだけ素早く化粧水とクリームをつけて肌を保護します。

シェービング後の外出を控えて、紫外線に当たらないようにします。

シェービングには古い角質を取り除く効果が期待できます。ピーリングや拭き取り化粧水を使うと、過剰に角質を取り去ってしまうので避けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>