日焼けをしているときは脱毛は控える

光脱毛は黒い色素に反応する波長の光を使っています。毛の黒色色素に反応して光の熱エネルギーが吸収され、毛根がダメージを受けて処理されます。

使い方を守れば安全に家庭用脱毛器を使用できますが、気をつけないとやけどの恐れがあります。

通常は光は毛にだけ作用するので安全に使用できます。しかし、日焼けをしていると肌の色にも反応して光を肌が吸収します。脱毛効果が減少するだけでなく、肌が熱を持ってやけどをします。日焼けをしているときは家庭用脱毛器を使ってはいけません。

それほど黒くなくても気をつけた方がよいです。日焼けはやけどと同じ状態です。
うっすらとしか黒くなっていなくても、肌がダメージを受けた状態で弱くなっているので、脱毛をするとダメージが大きくなって肌トラブルを起こす可能性があります。あまり黒くないときでも脱毛を控えた方がよいです。

ホクロにも気をつけてください。ホクロの色素に反応してホクロの部位がやけどします。ホクロを避けたり、光を通さないシールを張って脱毛します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>